counter カウンター

水まわりリフォーム 名古屋のマニカホーム


水まわりリフォーム 名古屋・総合リフォーム 名古屋のマニカホーム
水まわりリフォーム・総合リフォームのマニカホーム | 施工事例も多数掲載中


水まわりリフォームの新着情報をご覧いただけます
水まわりリフォームの新着情報をご覧いただけます
新着情報をお届けします

水まわりリフォームの施工事例をご覧いただけます
水まわりリフォームの施工事例をご覧いただけます
施工事例をお楽しみください

お客様から頂いた水まわりリフォームのアンケートをご覧いただけます
お客様から頂いた水まわりリフォームのアンケートをご覧いただけます
お客様から頂いたアンケート

会社概要をご覧いただけます
会社概要をご覧いただけます
マニカホームってどんな会社!?

お得な水まわりリフォームのチラシをご覧いただけます
お得な水まわりリフォームのチラシをご覧いただけます
お得なリフォームちらし♪

水まわりリフォームのお問い合わせはこちら
水まわりリフォームのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

キッチンリフォーム 名古屋

システムキッチン | 水まわりリフォームの基礎知識

好みや必要に応じて素材やビルトイン機器を選べる

水まわりリフォームの基礎知識をキッチンでご紹介システムキッチンは、キャビネットやビルトインタイプの設備機器の上部に、継ぎ目のない天板を組み合わせたもの。キャビネットのサイズは数種類あり、隙間を調整するカバー部材も用意されているので、どのようなスペースにもほぼぴったりと収められます。扉の素材や色、デザインのバリエーション、設備機器の種類も豊富で選択肢は広いと言えます。


選び方のポイント① オープンかクローズドか、対面式か壁掛けか。キッチンのスタイルを決める

キッチンは、ダイニングとのつなげ方によってオープン、セミオープン、クローズドといったスタイルに分けられます。その中で、キッチンセットをI型、Ⅱ型、L型、U型、アイランド型など、どんなレイアウトにするかを決めるのが一般的です。
選択のポイントは、キッチンの広さと、キッチンに主に立つ人がどう作業をしたいかによります。キッチン空間だけ別にとるスペースの余裕がない、または家族と一緒に調理や片づけをしたい場合は、ダイニングと同一空間に設けるオープンスタイルがオススメです。
最近では、アイランドカウンター部分を広めにとったプランが人気です。作業の手元だけは隠したいという場合は、吊り戸棚などでダイニング間の一部を遮蔽するセミオープンに。作業は集中して行うのが習慣、といった家庭では、クローズド独立型が適していると言えます。

選び方のポイント② 収納やシンク、天板などのパーツは機能性と使い勝手のよさを考慮する

パーツは、使い勝手の良さを考えて選ぶ事が必要です。例えば収納。シンク下のフロア下のフロアキャビネットは、現在では引き出し式が主流で、奥のほうまで見渡しやすく出し入れもしやすい。高さのある物や鍋を重ねて入れたい場合は、従来の開き式を選択するとよい。吊り戸棚は、あまり高い位置にあると使いにくい。そこで天井から頭の位置までのロングタイプや、昇降式の戸棚を利用しましょう。安全面は、耐震ラッチなどを備えているかもポイントの一つです。
天板はステンレスと人造大理石の2種類が一般的です。いずれも機能的なことに違いはありませんが、ステンレスの方が汚れ落ちもよく、より耐久性に優れています。人造大理石は質感が美しく、キッチンのインテリア性を重視した人向き。
シンクはステンレス素材が主流。奥行が50cm前後の広いものが標準で、このサイズさと中華鍋や大皿が洗いやすい。最近では、水道水の水ハネお音を低減する機能も登場しています。リビングとつながるオープンキッチンなどで、作業中の音が気になるという家庭では、ぜひチェックしておきましょう。

選び方のポイント③ 手入れのしやすさも要チェック

水栓金具は、いくつかの種類がありますが、最近のシンクは大型化しており、その分、内部の清掃に手間がかかります。引き出して隅々まで洗えるホース式シャワータイプを選ぶと便利です。
キッチンの扉材も、汚れの落としやすさがポイントです。光沢のある鏡面仕上げでかつ凹凸の少ないデザインだと汚れが付きにくく埃もたまりにくい。淡い色では汚れが目立つので、掃除をまめにする習慣もつきます。
壁材にも留意を。最近はパネル素材のものが一般的になっており、表面がツルツルして、簡単な拭き掃除できれいになります。

選び方のポイント④ 価格がどこで変わるのかを知り、予算に合った選択を

キッチンはシンクと吊り戸棚、ガスレンジ、レンジフードのついたセットで基本価格が設定され、扉や天板、収納部材を変更したり、設備機器を加えていくことで価格も変わります。中でも扉材は種類が多く、どれを選ぶかで価格に大きく差がでます。

システムバス | 水まわりリフォームの基礎知識

内装パーツや設備がユニット化され現場で組み立てる

水まわりリフォームの基礎知識をシステムバスでご紹介システムバスは、床、浴槽、天井、壁などのパーツをあらかじめ工場で成型してユニット化し、それを現場に運んで組み立ててつくる浴室のことです。職人の手と技術でつくる在来工法の浴室と違い、工場生産品なので品質や仕上がりが均一で安定し、工事期間は3日前後で完成します。保温性や防水性も高く、階上に浴室をつくる場合にも適しています。

選び方のポイント① 規格サイズの中からわが家にふさわしいタイプを決める

システムバスのサイズは床面積のことをさし、戸建て住宅用の製品は主に0.75坪、1坪、1.25坪の3種類があります。1坪タイプが主流ですが、1.25坪タイプを取り入れる家庭も増えています。二方向にドアを設けられるプランもあり、二部屋または屋外テラスなどとも行き来できる。
サイズは、1坪タイプが160cm×160cm~、1.25坪タイプが200cm×160cm~。つまり1.25坪タイプは1坪タイプと比べ、浴槽の幅は変わらないが、洗い場が40cmほど広くなります。
子供と一緒に並んで座ったり、入浴介助が必要な家庭のいる家庭では、1.25坪のほうが入りやすい。1坪タイプでも出窓や高さのあるドーム型天井を採用すれば、広々した感じが得られます。
システムバスは防水性に優れた構造をもつため、水漏れによって土台や柱を傷める心配がなく、2階以上の階に浴室をつくる場合にも適しています。その際は、階層用の商品を利用します。

選び方のポイント② 安全性や手入れのしやすさなどの基本性能をチェックしておく

浴室は高齢者さけでなく、家族の誰にとっても安全なつくりになっていることが大切。最近のシステムバスはバリアフリー仕様が一般的になっているが、その基本的な内容をチェックしておきましょう。例えば、洗面室との床面の段差は小さく、床面には滑りにくい模様を施し、浴槽や洗い場周辺には手すりを設置。浴槽のまたぎの高さは42cm前後と低めで、いったん座ってから浴槽に出入りできるように縁が広くとられている。半身浴のために、内部に一段高い座れる部分を設けた浴槽も。また、洗い場にベンチを設けたプランもあり、入浴がしやすいのが特長。温度差を解消するため冷たさを感じにくい床材を採用したり、専用の床暖房を設置できる商品もあります。
掃除の手間を考えると、清掃性もポイントの一つ。排水口は1ヵ所で髪の毛などを除きやすい構造をもち、床は特殊な表面形状により水はけがよく乾きやすい。壁はパネル状で、スポンジで拭くだけできれいになる、というのが標準的な仕様になっています。

好みの空間ができるか、デザイン性もポイント

色や柄などをどの程度選べ、自分の好みの空間がつくれるのかを確認しましょう。一般的には、浴室全体は白かグレー、ベージュ系の色調がベースで、壁は無地か石目柄、木調、あるいは無地と柄のコンビネーションなどのバリエーションがあります。浴槽は人造大理石やFRPなどの樹脂素材で、ピンクやブルー、グリーンなどのきれいな色が用意されています。天井はフラット型のほかに高さのあるドーム型も。窓は出窓や、テラスや庭に面し大きな開口部をとれるものもあり、開放感を重視したい人向け。

価格設定のシステムを知り、予算に応じた選択を

以上のような内容を備え、各社とも1坪タイプでは約100万円弱の価格設定になっています。これをベースに、内装パーツや浴槽の素材をグレードアップしたり、浴室暖房乾燥機やジェット墳流バスなどをオプションとして加えるなどの変更も可能です。その際の価格差はカタログに明記されていますので、予算を踏まえて選びましょう。

トイレ | 水まわりリフォーム基礎知識

節水能力も大幅に進歩

水まわりリフォームの基礎知識をトイレでご紹介トイレは基本的に、便器と水をためておくタンク、便座の組み合わせで構成されています。近年登場したタンクをなくしたコンパクトなタイプは、スペースにゆとりが生まれて人気も高くなっています。また、地球の大切な資源である水を使うだけに節水能力も大幅に進歩しています。掃除のしやすさや快適性への工夫も多彩です。わが家に必要な機能を確認して、適切な機器を選びましょう。

洗面化粧台 | 水まわりリフォームの基礎知識

単体で使うかキャビネットと組み合わせる

水まわりリフォームの基礎知識を洗面化粧台でご紹介洗面化粧台は、ボウルを載せたキャビネットと、上部にミラー、照明を組み合わせたものが一般的です。全体の高さは190cm、床からボウルまでの高さは80cmが標準です。開口(幅)は60cm~165cmがあり、人気が高いのは120cmタイプ。水栓金具や洗面ボウルなどに好みを取り入れて独自の洗面化粧台をつくることも可能です。

水まわりリフォームのお問い合わせはこちら

水まわりリフォームの新着情報をご覧いただけます
水まわりリフォームの施工事例をご覧いただけます
お客様から頂いた水まわりリフォームのアンケートをご覧いただけます
会社概要をご覧いただけます
お得な水まわりリフォームのチラシをご覧いただけます
水まわりリフォームのお問い合わせはこちら

名古屋 リフォーム 名古屋増改築マニカホームの公式ホームページをご覧いただけます

激安 家具通販のマニカグ

マニカホームWEB採用サイトはこちら

マニカホームは3店舗展開中
マニカホーム名古屋徳重ショールームをご紹介
マニカホーム名古屋新瑞橋ショールームをご紹介
マニカホーム尾張・瀬戸ショールームをご紹介

マニカホーム公式FACEBOOKサイト

マニカホーム公式twitterサイト

リフォーム・アイ

不動産・アイ

賃貸・アイ

リフォームTOWN

リフォーム会社・工務店検索

リフォーム会社ナビ

情報発信サイト Zoozle.JP